イギリス、マンチェスター大学院留学体験談、番場さん、第3回

大学の魅力
大学の概要
学校施設 / サービス
MAP & 街の紹介
現地レポート
学生寮
留学体験談
活躍する卒業生 / 就職情報
研究案内 / 社会貢献
教育水準
提携校一覧
Photo Gallery
訪問者別メニュー
留学をお考えの方へ
出願する方へ
教育機関・企業の方へ

資料請求、お問合せ

マンチェスター大学IDPMで開発学を学ぶ 第3回 Second Semester

番場 亜季子さん

番場 亜季子さん
留学分類:大学院留学
専攻名:環境と開発 MA Interntional Development: Environment and Development
留学期間:2011年9月〜2012年9月
大学院留学準備コース(準修士課程) NCUK Graduate Diploma (GD) を受講、beoの留学サポートを利用して留学

マンチェスター大学 The University of ManchesterのThe Institute for Development Policy and Management (IDPM)は、イギリスを代表する国際開発関係の研究機関。IDPMで環境と開発 Environment and Development MA を学ばれている番場さんに、留学の様子について詳しくお聞きしました。


1月最終週から、Second Semesterが始まりました!そこでSecond Semesterの時間割と、英語力やその他いろんな場面でのFirst Semesterとの比較に関してレポートしたいと思います。

Second Semester の時間割

これがSecond Semesterの時間割です。First Semesterに比べて若干楽になったような気はします。

bamba_3-schedule.gif

Second Semesterの大きな目玉はなんといっても、3月末に行くウガンダへのフィールドワークでしょうか。その前準備として、金曜12時からのコマでは、ウガンダの現状に関して学んだり、現地でするリサーチのテーマごとにグループで集まって、文献のシェアや意見の交換を行ったりしています。下調べなど大変なこともありますが、より実践的な授業なので、なかなか楽しいです。・・・が、余談ですが、このフィールドワークのために4本予防接種を打たれ、副作用が出てだるくなり、それは少し辛かったです・・・。

また、Climate Changeの授業ではグループプレゼンテーションが課されます。1グループ15分なので、1人の持ち時間は数分になるかとは思いますが、評価対象になるプレゼンはこれが初めてなので、今からドキドキです。日本にいるときにGD (*) で学んだプレゼンのスキルをしっかり活かしたいと思います。

(*) 大学院留学準備コース(準修士課程) NCUK Graduate Diploma (GD) のこと

First Semester と比較して

イギリスに来て間もなく半年となりますが、自分の能力のなさに落ち込む中でも成長したな、と感じることができる場面が結構多くなりました。

まずリスニング能力は確実に伸びていると思います!!First Semesterの時は聞き取れなかった先生の仰っていることや、クラスメートの質問なんかが理解できるようになってきて、自分でも驚きです。授業以外でも、たまにラジオを聞いていて無意識に話の内容に笑っていることもあり、「笑ってるってことは、今内容わかってたんやな〜〜」と自分で感心しています。

また、リーディングのスピードも以前よりは早くなりました。そのおかげで、予習も少しずつですが楽になってきました。まあ、とは言っても、全く意味の分からない文献に打ちのめされることも、しょっちゅうですが・・・。

こうした英語能力が改善されてくると、勉強そのものに注力ができて、勉強が楽しくなってきます。大学院の一年間で英語力の改善に特化して取り組むことは難しいですが、日常生活で英語力アップのために使える素材は余るほどあるので、それらを上手に利用していきたいと思います。

マンチェスターでの誕生日

先日私は誕生日を迎えたのですが、その日にクラスメートがサプライズでお祝いをしてくれました!

bamba_3-cake.jpgその日は金曜日で普通にField Workのグループワークをクラス内で各グループに分かれてやっていたのですが、授業の半ばころに、いきなりクラスみんなの「ハッピーバースデートゥユー♪」の歌声が。ふと視線をあげると、クラスメートの一人の女の子が手作りケーキを持って立っていました。本当に本当にうれしくて、もうすぐで泣きそうでした。一生忘れられない思い出になりそうです。

また、同じ開発学部の日本人の仲間たちにもパーティをしてもらい、日本にいる友人や、イギリスの他の街にいる友達からもお祝いメッセージをもらいました。イギリスでの生活はつらいこともあるけれど、頑張ろうと思えた、そんな一日でした。

番場さんは、日本で受講できる大学院留学準備コース(準修士課程) NCUK Graduate Diploma (GD) を受講し、マンチェスター大学に進学しました。GD受講体験談もお寄せいただいているので、合わせてご覧ください。
> 番場さんのGD受講体験談 「GDのおかけで essay は高評価、reporter も経験済みで焦らず済んだ」

マンチェスター大学(イギリス留学)TOP | 個人情報の取扱いについて | このサイトについて | お問合せ | イベント情報 | サイトマップ |
Copyright © 2008 beo All Rights Reserved.