イギリス、マンチェスター大学院留学体験談、松永さん、第2回

大学の魅力
大学の概要
学校施設 / サービス
MAP & 街の紹介
現地レポート
学生寮
留学体験談
活躍する卒業生 / 就職情報
研究案内 / 社会貢献
教育水準
提携校一覧
Photo Gallery
訪問者別メニュー
留学をお考えの方へ
出願する方へ
教育機関・企業の方へ

資料請求、お問合せ

マンチェスター大学IDPMで貧困と開発を学ぶ 第2回 First Semester

マンチェスター大学 The University of ManchesterのThe Institute for Development Policy and Management (IDPM)は、イギリスを代表する国際開発関係の研究機関。IDPMで貧困と開発 MSc Poverty and Developmentを学ばれている松永さんの現地レポートをお届けします。
松永 新さん

 松永 新さん
 留学先:マンチェスター大学
 留学分類:大学院留学
 専攻名:貧困と開発 MSc Poverty and Development
 留学期間:2010年9月〜2011年9月
  beoの留学サポート利用して、マンチェスター大学へ留学

 第1回 渡航前インタビュー
 第2回 First Semester


プログラムについて

MSc Poverty and Developmentというプログラムについて簡単に紹介します。

概要は大学のホームページに書いてあります。このプログラムには20人程度が所属しています。イギリス人の割合がほかのプログラムより多く、留学生との割合は半分半分といったところだと思います。ただ、毎年この割合は激しく変わるのであまり参考にならないかもしれません。留学生は日本、パキスタン、カメルーン、マレーシアなどから来ています。

プログラムの中でEconomic RouteかSocial Routeのどちらかを選ぶことができ、履修する授業がRouteにより少し変わります。さらにPersonal Tutorという様々な相談に乗ってくれる先生も異なります。今年はSocial Routeだと政治と開発の関係を研究している先生で、Economic Routeだと経済学が専門の先生が担当しています。ちなみにEconomic Routeという名前がついていますが、数学や統計学の知識は必ずしも最初からは求められません。もちろん知識があることに越したことはありませんが。修士論文の担当の教員は自ら選んだトピックによって希望を出すことができるので、Personal Tutorが修士論文の担当になるとは限りません。

MSc Poverty and Developmentという名前の通り、このプログラムは貧困を深く研究します。貧困とは何か?純粋に所得の問題なのか、それとも社会的な側面も大切なのか?どのようにして貧困を測るのか?どうすれば貧困を減らせるのか?といった問題を扱います。マンチェスター大学には貧困を研究している研究機関があるので(Brooks World Poverty InstituteやChronic Poverty Research Centre)、貧困を研究するには素晴らしい大学です。

マンチェスター大学
マンチェスター大学

授業の様子

授業はとてもアクティブです。IDPMの開放的で自由な雰囲気を反映しているのだと思います。多くの学生は先生が話している途中でも先生の名前を呼んでまで質問をぶつけます。さらにほとんどの先生はそれを歓迎します。英語が第一言語ではない学生も積極的に質問しています。そのため授業が時間内に終わらないこともたまにあります。

そのような雰囲気ですので、先生がスーツのような「硬い」服装をしてくることはありません。ジーンズなどカジュアルな格好をしています。ちなみに授業は毎週異なる先生が行います。先生はそれぞれの週のトピックの専門家です。毎週その道のスペシャリストの話が聞けるので、とても勉強になりますが、先生が異なるので、特定の先生と仲良くなるのは少し大変です。授業の評価は基本的にすべてエッセイで行われます。テストはほとんどありません。

IDPM

IDPMには典型的な学生像というものがない気がします。何年も開発にかかわってきた人もいれば、開発の知識がまったくない人もいます。仕事で開発に何年も関わってきた人たちとの交流は私のように学士を終えて直接来た人間にとってはとても勉強になります。良くも悪くもIDPMの学生は開発の「エリート」ばかりではなく、様々なバックグラウンドを持っています。開発学にはそのような風通しの良さは絶対に必要だと個人的には考えています。

IDPMでは定期的に開発の何らかの分野の最先端を行く人がオープン・レクチャーを行います。レクチャーを行うのはIDPM内部の人のこともあれば、外部から招くこともあります。IDPMは常に開発の最先端に触れることができる場所です。

IDPMの入るArthur Lewis Building
IDPMの入るArthur Lewis Building



私はOpal Gardensという寮に住んでいます。大学からは歩いて20分くらいで、住人のほとんどは大学院生です。バスを使って通学する人と歩いて通学する人の両方がいます。現在フラットを合計四人でシェアしています。フラットメイトは社会人類学の修士課程のアメリカ人、ビジネスの修士課程のトルコ人、行動金融学の博士課程のギリシャ人です。

この寮は大学院生向けの寮の中で最大のパーティーの数を誇っています。ハロウィン・パーティーやラテン・パーティーなど様々な企画があります。ですがやはり大学院生向けの寮ですので、普段はとても静かで勉強に集中できる環境です。Study hard and play hardといった感じです。

図書館

マンチェスター大学には複数の図書館がありますが、開発学の本が多くあるのは大学のメインの図書館であるJohn Rylands Libraryです。この図書館は恐らく増改築を繰り返したのでしょう。巨大で迷路のように入り組んでいます。最初は迷いますが構造が複雑な分、こっそり隠れた場所が多くあり、一人で勉強に集中するには素晴らしい場所です。自分のお気に入りの場所を探すのも、結構楽しいです。(歩き回るのは疲れますが)

★マンチェスター大学 開発学コースの詳細はこちら

マンチェスター大学(イギリス留学)TOP | 個人情報の取扱いについて | このサイトについて | お問合せ | イベント情報 | サイトマップ |
Copyright © 2008 beo All Rights Reserved.