マイギリス、ンチェスター大学院留学体験談、番場さん、第7回

大学の魅力
大学の概要
学校施設 / サービス
MAP & 街の紹介
現地レポート
学生寮
留学体験談
活躍する卒業生 / 就職情報
研究案内 / 社会貢献
教育水準
提携校一覧
Photo Gallery
訪問者別メニュー
留学をお考えの方へ
出願する方へ
教育機関・企業の方へ

資料請求、お問合せ

マンチェスター大学IDPMで開発学を学ぶ 第7回 最近のイギリスと私とdissertation

番場 亜季子さん

番場 亜季子さん
留学分類:大学院留学
専攻名:環境と開発 MA Interntional Development: Environment and Development
留学期間:2011年9月〜2012年9月
大学院留学準備コース(準修士課程) NCUK Graduate Diploma (GD) を受講、beoの留学サポートを利用して留学

マンチェスター大学 The University of ManchesterのThe Institute for Development Policy and Management (IDPM)は、イギリスを代表する国際開発関係の研究機関。IDPMで環境と開発 Environment and Development MA を学ばれている番場さんに、留学の様子について詳しくお聞きしました。


授業が終わってしまってからというもの、私の日々の生活は「dissertation*時々旅行(たまにこの前後が入れ替わっています・・・)」という様子ですが、近頃はイギリス国内がいろいろと盛り上がっています。
そんなイギリスの様子を少しご紹介します。

*(beo注) dissertation:卒業論文


最近のイギリス

今年のイギリスは熱い!です。気温が、とかではなく・・・。
むしろ、気温は例年より低いようですが。

なぜ熱いかというと、一つ目に、今年はエリザベス女王在位60周年(Diamond Jubilee)の記念すべき年だからです。
私は4月くらいまでこのことを知らず、やたらとユニオンジャックがそこら中で掲げられているなあ、
そしてJubileeだのなんだの言われているなあ・・・そもそもJubileeってなんだ?
くらいにしか思ってなかったのですが、
5月に日本から天皇皇后両陛下が訪英され、その時に初めて在位60周年であるということを知りました。
6月頭は記念式典などがあり、そのため祝日となったりして、ロンドンでは大いに盛り上がっていたようです。

また、熱い理由の二つ目は、みなさんご存じの通り、
今年はロンドンオリンピックがあるからなのです!
私の周りでも、チケットを買って競技を見に行く子がちらほら・・・。

relay.jpg私はチケットは買っていませんが、先日聖火リレーを見に行ってきました。
マンチェスターでも聖火リレーを行っていたのですが、残念ながらグラスゴーへ旅行に行っていたため、見ることができず・・・
少し残念に思っていたところ、同じ日本人の留学生仲間の一人から,
「モーリーという町で日本人の方が聖火ランをされるので、応援しにいきませんか」とのお誘いがきて、ご一緒させていただくことにしました。





このランナーの日本人男性の方は、先の津波で娘さんを亡くされた方。
自分自身がそのような辛い状況であったにも関わらず、勤務先のホテルで真摯に働く姿を
上司の方が目に止められ、ランナーとして推薦されたそうです。
当日は、一緒に行った仲間の知り合いの方がデザインしてくれたとっても素敵な旗を手に、
一生懸命応援してきました。

日本からも報道機関がたくさん取材にきていて、走っている様子が報道されたようですね
(ちなみに、私もその写真や映像にちょこっと写りこんでいました・・・)。

このように大きなイベントがたくさんあると、いい年に留学してきたなあと思います。
別に狙ってきたわけではなく、たまたまなのですが(本当に、来る前にはオリンピックがロンドンであることも忘れていたくらい・・・)。
この貴重な機会を楽しみたいと思います。


Dissertation 現状

Dissertationは、亀・・・いや、むしろナマケモノのようなゆっくりさで進行(時に後退!?)しています。
私の指導教官は7月には海外に行ってしまうため、6月末に最後のミーティングがあった後は、
基本指導教官に直接会って話をすることができません。
今はLiterature Reviewで苦戦中・・・。
様々な文献で他の学者が言っていることをかき集め、
自分なりのtheoryのframeworkを作りあげないといけないのですが、これがなかなかうまくいきません。
ほんまに終わるんかいな、これっていう思いでいっぱいです。

でもなんだかんだとあと2か月しかないんですよね。
残り少ない留学生活を楽しみたいけど、dissertationも書かなきゃいけないし、
そろそろ留学後のことも考えないといけない・・・。
周りは帰国する人もちらほらでてきて、寂しさプラスどうしようもない焦燥感にかられます。
人と比べてもしょうがないんですが・・・ね。

とりあえず、亀でもナマケモノでも、進んでいけば必ずゴールにはたどり着くので、
自分の道を信じて進んでいこうと思います。


番場さんは、日本で受講できる大学院留学準備コース(準修士課程) NCUK Graduate Diploma (GD) を受講し、マンチェスター大学に進学しました。GD受講体験談もお寄せいただいているので、合わせてご覧ください。
> 番場さんのGD受講体験談 「GDのおかけで essay は高評価、reporter も経験済みで焦らず済んだ」

マンチェスター大学(イギリス留学)TOP | 個人情報の取扱いについて | このサイトについて | お問合せ | イベント情報 | サイトマップ |
Copyright © 2008 beo All Rights Reserved.